「第59回トルコ料理教室」レポート | 日本・トルコ協会 | The Japan-Turkey Society

大正15(1926)年に「日土協会」として設立された民間の非営利団体です。日本とトルコの友好関係増進のため、様々な活動を行っています。
プログラム・イベント

トルコ料理教室

「第59回トルコ料理教室」レポート

「第59回トルコ料理教室」レポート
「第59回トルコ料理教室」レポート
「第59回トルコ料理教室」レポート

 

日時:2017年3月23日(木) 11時〜14時
場所:江上料理学院(東京・市ヶ谷)
テーマ:シミットと人気のトルコ料理おかず

講師:ハサン・ウナル(「ボスボラス・ハサン」オーナー・シェフ)
協賛:日本製粉(株)

 

 2017年3月23日、「シミットと人気のトルコ料理おかず」をテーマにトルコ料理教室を開催しました。前回に引き続き江上料理学院(市ヶ谷)を会場に行われた教室には、23人の方が参加されました。
 講師はお馴染みの老舗トルコ料理レストラン「ボスボラス・ハサン」のオーナー・シェフのハサン・ウナル先生。粉料理からキャリアをスタートしたというハサン先生の粉を扱う巧みな手さばきや、さまざまなスパイスの絶妙な組み合わせで味がきまっていくトルコ料理の文化を間近にすることができました。

 

 リング型のゴマパン、シミットはトルコで朝食代わりに食べられているパンですが、今回はベーグルのように焼く前に一度お湯でゆでるアンカラ風に挑戦しました。ヨーウルトゥル・ウスパナクはゆでたホウレン草をタマネギとお米と煮込み、ヨーグルトのソースをかけていただくお料理。タヴク・チョルバスはヨーグルト入りのさっぱりしたチキンスープで、ビベル・ドルマスは牛ミンチ、タマネギ、お米をいため、たくさんのスパイスを効かせた具が特徴のトルコ風のピーマンの肉詰めです。
 4つのグループに分かれての実習ではハサン先生のデモンストレーションを思い出しながら、和気あいあいと作業が進みました。ハサン先生は各テーブルを回り、パンのこね方、火の通し具合、味付けなどを丁寧に指導。できあがったお料理はトルコ産ワインと一緒に頂きました。

 

 

ハサン・ウナル 講師
ハサン・ウナル 講師
 
トルコ料理レストラン「ボスボラス・ハサン」オーナー・シェフ。
1956年トルコの黒海地方生まれ。14歳の頃からイスタンブルのレストランで見習いを始める。
その後、アンカラでピデ(トルコの伝統的ピザ)屋をオープンし、続いて、イスタンブルでもレストランを開く。1987年に来日し、日本初のトルコ料理レストランで5年間勤務後、1993年に新宿に「ボスボラス・ハサン」をオープン。2008年には新宿2丁目店、市ヶ谷店をオープン。ハサン先生のお料理には、在住トルコ人からも根強い人気がある。

新宿店 新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル2F TEL 03-3354-7947
市ヶ谷店 千代田区九段南4-4-5 TEL 03-6431-8803
新宿2丁目店 新宿区新宿2-7-2 TEL 03-6380-6412
ホームページ http://bosphorushasan.com

 

 

次回料理教室のご案内

Archives

 

 

▲ TOP