パネルディスカッションスルタン・アブデュルハミト2世の時代におけるオスマン帝国と日本の交流関係【終了しました】 | 日本・トルコ協会 | The Japan-Turkey Society

大正15(1926)年に「日土協会」として設立された民間の非営利団体です。日本とトルコの友好関係増進のため、様々な活動を行っています。
トルコについて

トルコ関連イベント

パネルディスカッション
スルタン・アブデュルハミト2世の時代におけるオスマン帝国と日本の交流関係【終了しました】

2019年10月24日にトルコから研究者を招いてユヌス・エムレインスティトゥート東京にてパネルディスカッションが開催されます。モデレーターはマルマラ大学のヴァンティン・エンギン教授、日本からは東洋大学の三沢伸生教授が参加されます。
パネルディスカッション聴講ご希望の場合は、下記へお申し込みください。

 

日時:2019年10月24日(木)19:00開始
会場:ユヌス・エムレインスティトゥート東京 B1F講堂
  (〒151-0065 東京都渋谷区大山町1-19 B1F)
問合せ:TEL:03-6452-9258       Email:tokyo@yunusemre.or.jp

 

 

パネルディスカッション スルタン・アブデュルハミト2世の時代におけるオスマン帝国と日本の交流関係

画像をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

Archives

▲ TOP